面接練習をしよう!面接で予想される質問とは?

自分のアピールポイントを分析

 高校や大学を卒業する前に正社員としての内定を得る第一新卒に比べ、第二新卒、または既卒の就職活動は、少し厳しくなるかもしれません。だからこそ、相手の企業にアピールするべきポイントを絞り、効果的に売り込むことが望まれます。ほとんどの既卒の人々は、卒業後にアルバイトをして生計を立てていることだと思います。このアルバイト経験は、職務経歴書を書くときに大いに生かすことができます。

 正社員としての職務経験ではないかもしれないけれど、身を粉にして働き、収入を得ていることは事実ですので、漏れがないように書いておきましょう。また、既卒の若さややる気、エネルギーは新卒とほとんど変わらないので、それについても書いておくと良いかもしれません。

事前に面接練習

 面接は、書類選考と同じく、就職活動の上では重要な過程の一つです。就職活動を成功させるためには、この面接に対し、じっくりと準備をしておくようにしましょう。面接の練習は、大手の転職サイトが開催しているセミナーですることができます。無料のものも有料のものもありますが、できれば有料のものの方が、より質の良いレッスンを行うことができるかもしれません。

 また、最近では、面接の受け答えを練習できる、スマートフォン向けのアプリも登場しています。中には面接本番にも出題される質問を収録しているものもあるようです。

予想される質問は?

 既卒で就職活動を行う場合、なぜ大学や高校在学時に内定を得られなかったのか、聞かれる可能性がとても高いです。そしてその理由は、人によって実に千差万別でしょう。そして、なぜ既卒になったのかについては、なるべく嘘をつかず、正直に答えておいた方が良いでしょう。ただ、その中にあまりマイナスな情報を込めずに、それでも自分には上昇や成長をする意志があるニュアンスを入れるようにしておきましょう。

おわりに

 面接時には、時には思いもよらぬ質問や、厳しい指摘をされることがあるかもしれませんが、どのような質問にもスマートな返事をできるような柔軟性を身に付ける事も必要なポイントです。予め色々な予想を立て、練習しておくと良いかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る