既卒の就職5つの手順

 業界によっては人手不足が深刻になってきています。既卒者でも新卒者に負けず劣らず引く手数多。

 でも、それは正しい就職活動の方法を身につけていればの話。ここにまとめるのは、その方法の基本となることです。参考にしながら自分なりの就職活動を構築していきましょう。

就活前になりたい自分を考える

 就職するにあたってまず目を向けたいのが、自分自身です。「希望業界はどこ?」、「希望職種は何?」といった、非常に基本的なことではありますが、絶対に欠かせないことを整理しておきましょう。

 活動中迷ってしまっても、こうしたことが整理できていれば道しるべになってくれます。

■関連記事

  • スケジュール管理の大切さ
  • 自己分析の大切さ
  • 自分の価値はどれ位か?
  • 既卒の就職なら電話の苦手意識を克服しよう!
  • 既卒の就職活動と上がり症の克服

  • 自分に合った求人探し

     既卒者は大学までキッチリ卒業していますから、求人自体は選べるほど多く存在しているでしょう。だからこそ取捨選択が難しくなるとも言えます。

     もし困難に感じたら、やはり自分自身に問いかけてみてください。そうすれば自然と選択肢が減っていくはずです。

    ■関連記事

  • 既卒が仕事を探す方法
  • 使えるものは何でも使う!
  • ハローワークの利用法
  • 正規雇用と非正規雇用にこんな違いがあることを知っていますか?

  • 書類選考を突破するコツ

     正社員として働いた経験がないと、どうしても書類の作成に悩んでしまいますよね。そんな時こそネットを活用しましょう。

     転職サイトなどには書類の書き方が詳しく、しかも面接審査まで辿り着き易い書き方が紹介されています。参考にしない手はありません。

    ■関連記事

  • 履歴書を攻略する方法
  • ベストな自己PRとは?
  • 意外と気にしていないポイント?

  • 面接を乗り切る

     面接対策は一朝一夕でできるものではありません。よくされる質問とその答えをまとめただけで乗り越えられるほど甘くはないのです。

     それをよりリアルな状況で練習しておくことも大事ですし、スーツに着られないよう、普段からキッチリとした服装で過ごすことも忘れないでください。

    ■関連記事

  • 面接官の心理を知る!
  • 要領よくまとめておくこと!
  • NGと言っても色々ある

  • 内定を貰ったら即入社準備

     内定を受け取り、いよいよ入社日が近づいてきた。そんな状況になってから入社準備をしても遅い。

     同時入社の新人さんが他にもいる場合、入社直後から差ができ、それがキャリアアップの障害となってしまうかもしれません。内定を受け取ったら即入社準備をスタートさせましょう。

    ■関連記事

  • 基本的な入社手続き
  • 契約は何事も書面で!
  • 入社に向けての準備
  • 既卒の就職者と試用期間のこと
  • 内定辞退を伝える時に必要なことと注意しておくべきこと

  • ページ上部へ戻る