内定後についてのQ&A

複数の内定があったら?

 既卒の就職活動は、複数の企業に応募するのが基本ですから、内定がいくつも出たといううれしい出来事が起こりえます。入社できるのは一社だけですから、どこかを選ばなければなりません。選ぶポイントとしては、自分が目指すキャリアと応募企業での仕事内容にズレがないかどうかを、きちんと見極めることです。自分のキャリアプランを考えたときに、そこでどんな経験を積み、将来に活かしていくのかをしっかり考えてみてください。また、職場の雰囲気が自分に合っているかどうかも、大事なチェックポイントです。 

内定後の条件交渉は可能?

 企業から内定が出たら、受諾する前の内定段階で、諸給与と福利厚生など採用条件にを提示するのがまっとうな会社です。求人票と違いがないかどうかを確かめるためにも、きちんと提示してもらいましょう。また、応募職種が複数の場合、希望の仕事内容を事前に伝えて交渉する余地はあります。既卒者には職務経歴も専門スキルもないので、すべてが希望通りにかなうとは限りませんが、内定が出た時点で立場が逆転しますので、条件交渉は可能です。

内定の断り方とは

 内定を辞退しようと決めたなら、一日も早く企業に連絡を入れるのが礼儀です。基本的には、企業の採用担当者に電話連絡、あるいはメールを入れるとよいでしょう。書面の取り交わしなどを行う前であれば、大きなトラブルになることはないはずです。内定をくれた企業も、新たに採用を始めなければなりませんので、自分の都合で結論を引っ張ることがないよう、スケジュールを考慮した就職活動を心がけましょう。
 

既卒の就職で後悔しないために

 既卒者が就職活動をしていると、同時期に複数の会社から内定をいただくことも十分にありえます。ですが、あなたの採用試験の結果がすべて出そろうまで、各社が返事を保留してくれるわけではありません。決められた期日までに決断しなければなりませんから、受けた段階で入社の優先順位を自分でつけておくという、心構えが不可欠です。

 また面接のときにも、他社にも応募していることをきちんと伝え、返答期限を確認しておくべきです。優先すべきことは、自分がやりたい仕事に就けるかどうかです。しっかり面接で見極めておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る